岡山情報文化研究所

調査依頼や、調査結果に関するお問い合わせはこちら

リサーチレポート

2018年3月12日

3月の岡山県民の消費意向得点は46.4ポイントと5か月ぶりに前年をクリア。

 3月の消費意向得点は46.4ポイントとなりました。前月度と比べ4.1ポイントの大幅アップ、前年同月と比べても1.9ポイントアップと驚異的な伸びを示しました。特に前月まで停滞していた男性、とりわけ男性会社員の消費意向が大きく反転して伸びたことがその原因となっています。年代別では50代以上層で47.4ポイントと前月比7.8p、前年比5.1pの大幅アップを見せ、これまで高水準であった20代、30代を抜いてトップに躍り出ています。

 消費意向得点が再び上昇する中、暮らし分野での注力点の特徴をみると、70p以上の高水準を示す「健康管理」「子供の教育」「家族との生活」の三大ニーズは、いずれも前月に引き続き伸びは見られません。一方、着実に注力を高めてきているのは「食費・外食」と「大きな値の張る耐久消費財」で、後者は11か月連続して前年水準をクリアています。また、「人づきあい」と「レジャー総合」に対する注力度も共に前年度を7か月連続クリアしており、耐久消費財、サービス消費面への注力が着実に高まっていることがうかがえます。

【「岡山生活者意識調査」3月の消費意向得点】をダウンロードする

収録されている調査内容
  • 次月のあなたの消費意欲は何点ぐらいになりそうですか?
  • 次月、どのくらい力を入れていきたい(時間やお金や手間などをかけたい)ですか?
  • 景気回復を実感していますか?していませんか?

協同組合 岡山情報文化研究所

地域生活者の意識・行動調査をはじめとした各種マーケティングリサーチ及びマーケティングプランニング業務を行っています。

岡山の生活者のリサーチをお考えの方へ

岡山情報文化研究所が運営する「岡山エリアの生活者ネットリサーチ Vinsight(ビンサイト)」を、御社の商品開発、販売促進、市場分析にを活用しませんか。

調査を依頼されるみなさまへ

Vinsight

ページのトップへ