岡山情報文化研究所

調査依頼や、調査結果に関するお問い合わせはこちら

リサーチレポート

2022年1月17日

「リベンジ消費」の可能性

感染拡大を抑えるために我慢を強いられた生活スタイルは、コロナ禍の収束後、どのようにはじけるのかを、岡山と全国で比較をしました。コロナ禍で委縮していた消費が再復活するのか、ワクチン接種後の消費意向をみてみます。

「岡山消費者動向分析」は、
〇『岡山SEM研究所』(中国学園大学・中国短期大学副学長 杉山慎策先生(マーケティング論、ブランド戦略論、経営戦略論、地域創生論)による主催)
〇地域経済情報誌『週刊VISION岡山』(株式会社瀬戸内海経済レポート)
〇協同組合岡山情報文化研究所の3者による
「岡山の消費者を知ること」を意図したシリーズです。

【「リベンジ消費」の可能性 2022年1月17日】をダウンロードする

収録されている調査内容

「メディアやコミュニケーション手段の利用時間と目的」についての調査内容は、 『週刊VISION岡山』本誌及び、 WEBサイト『VISION OKAYAMA』に掲載されています。
詳しくはこちら

協同組合 岡山情報文化研究所

地域生活者の意識・行動調査をはじめとした各種マーケティングリサーチ及びマーケティングプランニング業務を行っています。

岡山の生活者のリサーチをお考えの方へ

岡山情報文化研究所が運営する「岡山エリアの生活者ネットリサーチ Vinsight(ビンサイト)」を、御社の商品開発、販売促進、市場分析にを活用しませんか。

調査を依頼されるみなさまへ

Vinsight

ページのトップへ