NEWS

地域情報誌「タウン情報おかやま」「オセラ」などを出版する株式会社ビザビが「カメラガールズ」と業務提携し 「瀬戸内カメラガールズ・プロジェクト」を発足

株式会社ビザビ(本社:岡山市北区 代表取締役社長:吉田大助)は、カメラガールズ(株式会社ビートルが運営、本社:東京都世田谷区 代表取締役社長:小長井慶彦)と連携して、瀬戸内エリアの魅力発掘・発信を目的に「瀬戸内カメラガールズ・プロジェクト」を発足しましたのでお知らせいたします。

昨今、インスタグラマーやブロガーなどによるプロモーションが注目を集める一方で、「一般人によるナチュラルな切り口の情報発掘・発信」が新たな価値になってきています。そのような社会背景の中で、カメラガールズは現在約6,000名が所属している日本最大級のカメラ女子のコミュニティとして、全国で様々な撮影イベントを企画・運営しています。
また、株式会社ビザビは40年以上に渡る地域情報誌の発行により、岡山県を中心に中四国エリアの魅力を発信してまいりました。

今回発足した「瀬戸内カメラガールズ・プロジェクト」は、瀬戸内国際芸術祭をはじめ、最近、注目が集まっている瀬戸内エリアの魅力を発掘・発信することを目的にしたもので、瀬戸内エリアに在住するカメラ好きの女子だけでなく、瀬戸内エリアを盛り上げたい全国のカメラ好きの女子を「瀬戸内カメラガールズ」のメンバーとして募集します。
参加資格は「女性限定」「写真が好き」であれば誰でも参加できます。カメラの経験年数は問いません。

具体的な活動としては、瀬戸内のフォトジェニックな風景や美味しいグルメなどを瀬戸内カメラガールズたちに撮影していただく撮影イベントを、自治体や観光事業者とのタイアップにより実施します。撮影した写真は、観光マップやパンフレット、特設Webサイトなどで活用し、カメラ女子ならではのナチュラルな視点で情報発信を行っていきます。また、メンバー自身のInstagramなどのSNSを通じて地域の魅力の発信も行っていく予定です。さらには、瀬戸内カメラガールズを活用したアンケートや座談会による地域の新たな魅力の掘り起こし、首都圏での写真展の開催による観光PRなども想定しています。

「瀬戸内カメラガールズ・プロジェクト」は、「集まる・撮る・活用する・発信する」をコンセプトとして、一般女性視点の写真で瀬戸内エリアの魅力を全国に発信していくプロジェクトです。

■プロジェクト名:瀬戸内カメラガールズ
■URL:http://www.camera-girls.net/setouchi/
■発足日:2018年10月9日

ニュースリリースはこちら

急増する外国人観光客で「経済」を活性化!中国・四国エリアの魅力を世界に発信しているWebメディア「NextTrip」がプロデュース。外国人観光客向け無料配布型グルメマップ「NextTrip 〜Night-time Food & Drink Guide〜(Okayama City版)」

「タウン情報おかやま」や「オセラ」、訪日外国人向けメディア「NextTtrip」を運営する株式会社ビザビは、外国人観光客に街の「おいしい」をもっと知っていただくことで、人を動かし、経済の活性化を目指します。

「タウン情報おかやま」「オセラ」の編集者が、急増する岡山県への外国人観光客に岡山の「おいしい!」を届けます。

年々増加する、岡山県への外国人観光客。宿泊人数は、平成28年度が223,084人、平成29年度は324,283人と1年で10万人も増加。中でも急増している台湾からの旅行者は、今年3月の岡山⇔台湾便の増便(週7便)に伴い、今後も増え続けると予想されます。

・訪日観光客「ホテルの近くにおいしい店、ないかな?」
・飲食店「平日の集客がもっとほしい…。外国人にも来て欲しいな」
・宿泊施設「ホテルの周辺でおすすめの飲食店は?」と外国人のお客様によく質問される…すぐに渡せる便利なツールがあったらいいのにな」

この3者の悩みを解決することで、経済を活性化させるグルメマップを目指します!

地元編集者おすすめの、レストラン、和食店、カフェ、バー、居酒屋など全24軒掲載。

街のグルメ情報に詳しい地元タウン誌の編集者をキュレータとし、外国人観光客にぜひ行ってほしい飲食店を紹介。ホテルチェックイン後のナイトタイムを中心に「岡山で何を食べて、岡山の夜をどう楽しんだらよいか?」を提案します。
岡山駅周辺マップも掲載しており、宿泊場所から行きやすい店をセレクトできるほか、地図上にはおすすめのテイクアウトグルメ店や雑貨店も掲出し、「岡山の街あるきを楽しむツール」としても活用いただけます。また、当MAPで紹介した店舗の詳細は、訪日外国人向けWebサイト「NextTrip」でも閲覧可能です。

●英語版 https://nexttrip.info
●繁体字版(台湾/香港) https://nexttrip.info/zh-tw/
●日本語版 https://nexttrip.info/ja/


■タイトル:「NextTrip 〜Night-time Food & Drink Guide〜(Okayama City版)」
■対応言語:英語、繁体字、日本語
■発行日:2018年10月31日
■発行部数:10,000部
■仕様:B6版(展開/B3サイズの折り対応)、表裏カラー
■配布:岡山駅・城下エリア周辺ホテルほかで無料配布

プレスリリースはこちら

たまのごちそう、日々のランチ、どんなシーンの店選びにも役立つ一冊。 A4版にサイズアップし、誌面も全面リニューアル。『岡山のおいしい店 300選』

地元タウン誌『タウン情報おかやま』と『オセラ』から紹介した数多の飲食店の中から、「岡山のおいしい店」を厳選。さらに、サイズも誌面も全面リニューアル! 新しいグルメガイドブックが誕生しました。どんな日に、誰と、何を食べるか、外食のシーン別に紹介していきます。

サイズアップした誌面は、ビジュアル力も大幅アップ! 内容も、外食シーンに合わせた魅力的な特集を中心とした構成に一新。シズル感満載の写真をふんだんに使い、見るだけで行きたくなる、食べたくなる大胆なレイアウトで魅せます。「記念日のお祝いはどこがいい?」「接待向けの店は?」「週末にオススメのランチが知りたい」「たまにはハシゴで飲み歩きを楽しみたい」など、シーンに合わせた店探しに応える一冊になっています。

『月刊タウン情報おかやま』10月号は 、「秋のおでかけは 話題&最新スポットへ」。

朝晩過ごしやすくなり、おでかけのベストシーズン到来!そこで10月号は、秋のおでかけにぴったりな話題&最新スポットを紹介します。県内や近県で続々と新スポットがオープンし、気になる話題店もあちらこちらに。

絶景カフェ、アスレッチック、グランピング、雑貨店…など秋に行きたくなる場所が満載です。さらに、旬を迎える花畑や味覚狩り、イベント情報も。秋を思いっきり満喫できる一冊です。

『オセラ』9-10月号の特集は、 「新」倉敷案内。

8月25日発売号の特集は、「『新』倉敷案内」です。近すぎて、その魅力に気づいていない。知っているつもりで、まだまだ知らない。私たちにとって倉敷は、そんな存在かもしれません。倉敷の魅力を再発見・新発見してほしい。そういう思いで、本特集をお届けします。美観地区周辺の新店や、繊維業が育んだ「児島うどん」、玉島で連綿と受け継がれる茶の湯文化など…美観地区はもちろん、ほかのエリアの情報も織り交ぜて、大人のための「新しい倉敷の愉しみ方」を提案します。

『月刊タウン情報おかやま』9月号は 、「今行くべき!ニュースなCafe」。

9月号は、話題の新店カフェや続々オープンしている本格コーヒー店、インスタ映えフードが魅力のカフェなど、さまざまなカフェをご紹介。さらには、「生クリーム専門」や「台湾づくし」など個性豊かなカフェ、豆柴やハリネズミ、猫、フェレットなどと触れ合える動物カフェなど、ユニークなスタイルのカフェ店も掲載。そして今回は、特集掲載店のなんと8割以上が新店情報! 情報鮮度抜群の内容でお届けします。

『月刊タウン情報おかやま』8月号は 「あの人気店で見つけた隠れた絶品メニュー!」

8月号は、店の看板からは想像がつかない意外なメニューを出す店や、常連の間では根強い人気を持つ隠れ人気メニューを集めてご紹介。驚きのメニュー、知る人ぞ知るメニューなど新発見メニュー満載の特集です。

また、夏の風物詩である花火、夏祭りの特集、さらに「うらじゃ」の特集も。岡山のフルーツを使ったスウィーツやグルメの特集もあります。この夏を楽しむための内容盛りだくさんでお届けします。

月刊タウン情報おかやま7月号は 「夏遊び」特大号!

7月号は夏遊びの特大号。「夏遊び&最新おでかけ」特集では、夏にこそ行きたいスポットをはじめ、家族で訪れたい工場見学やプール、新店ラッシュのエリアや大型施設のオープンで注目のエリアへのおでかけ、瀬戸内の島で過ごす時間など、今年の夏に楽しみたいことを紹介。毎年の大人気企画「花火&夏祭りガイド」はもちろん、「フルーツを使ったスウィーツ」や「夏グルメ」特集もあり、盛りだくさんの内容でお届けします。

『オセラ』7-8月号は、 「涼を愉しむ食とおでかけ」特集。 今夏、目で、肌で、涼しさを堪能してください。

6月25日発売号の特集は、「涼を愉しむ食とおでかけ。」です。本格的な夏が今年ももう目の前。そんな時季、心に、身体に、涼しさをお届けします。水辺のカフェ、木陰が心地よい森林や渓谷さんぽ、心静かに過ごす海辺や森の中の宿など、涼を感じられるおでかけスポットへご案内。また、夏にしか出合えないひんやりスウィーツや見目美しい和菓子も紹介します。涼やかさとともに、愉しい夏、記憶に残る夏をお過ごしください。

『月刊タウン情報おかやま』6月号は 「道の駅・産直市」特集!

6月号の特集は、地域の魅力を凝縮した道の駅や産直市がテーマ。今や、単に農産物や特産品を販売するだけではなく、ご当地グルメが楽しめたり、絶景が望めたり、子どもが喜ぶ遊具があったり、体験ができたり・・・その枠を超えて、わざわざ目指して行きたいスポットになっています。今回は、県内と近県から、オープン&リニューアルしたものや、県内にあるけれど見落としていたもの、「これって道の駅!?」と思わず言ってしまいそうなものに加え、絶景のサービスエリア・パーキングエリアまで紹介。新発見・再発見に満ちた「道の駅・産直市特集」となっています。